人物

山下泰裕会長は卑怯で無能と言われる6つの理由!能力の評判が悪すぎ

JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長が6月7日に電車ではねられて亡くなられた経理部長の急死を事故死であると発表しました。

この報道を受けて、山下泰裕会長は卑怯だという声が多く上がっています。

 

そこで今回は、山下泰裕会長は卑怯で無能と言われる6つの理由!能力の評判が悪すぎと題して、紹介していきたいと思います。

山下泰裕会長は卑怯で無能と言われる6つの理由!

山下泰裕会長は卑怯で無能と言われる6つの理由はこちらです。

  1. JOC経理部長の死亡事故
  2. 全柔連パワハラ問題
  3. 会議を非公開
  4. 森喜朗氏女性蔑視発言の擁護
  5. 対立していた相手にもあっさり懐柔
  6. 沖縄ランドリー事件

山下泰裕会長が卑怯で無能と言われる5つの理由について詳しく見ていきたいと思います。

①JOC経理部長の死亡事故

JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長が6月7日に電車ではねられて亡くなられた経理部長の急死を事故死であると発表しました。

警察が自殺と認定したことに納得できず事故死であると主張しています。

②全柔連パワハラ問題

全日本柔道連盟(全柔連)の前事務局長によるパワハラ問題で、前事務局長が退職して調査できないという理由で公表せずに放置していました。

山下泰裕会長は会見で隠ぺいを強く否定しました。

そして、「パワハラ問題そのものに気付かなかった」「JOCに全精力を傾注しなければいけない状況になり、全柔連に注意を払えなくなった」などと釈明しています。

責任転嫁ではないかと山下泰裕会長のリーダーとしての資質を問う声が上がっています。

③会議を非公開

2019年9月、原則公開してきたJOCの理事会を完全非公開にしました。

④森喜朗氏女性蔑視発言の擁護

山下泰裕さんのJOC会長就任は森喜朗さんの後押しと言われているため、森さんの女性蔑視発言の際にも当初は擁護していました。

JOCの理事会を完全非公開化した前例から、公認候補検討委員会を非公開にするように進言しています。

このことから、山下泰裕会長は情報の透明化を避けようとする考えの持ち主のようです。

⑤対立していた相手にもあっさり懐柔

山下泰裕会長は、2007年の国際柔道連盟理事選の再選で、対立していた会長派から「会長を支持するなら対抗馬を降ろす」と持ち掛けらえたが、「自らの保身のために信念を曲げることは出来ない」と批判して出馬した結果、落選しました。

しかしその数年後には会長からの特別指名をあっさり受諾して理事に戻ったのです。

今では対抗する素振りも全くなく、手なずけられているようです。

⑥沖縄ランドリー事件

2016年1月に行われたリオオリンピック前の男子日本代表の沖縄合宿で、ホテルのランドリーの床に柔道着が散乱していたそうです。

同じホテルに宿泊していたお客さんによると、「ランドリーの床に柔道着が散乱している」とチーム関係者に伝えたところ、朝食会場で井上康生監督から4~5分程丁寧な謝罪を受けたそうです。

ところが一緒にいた山下泰裕さんはこちらをチラチラ見ながらも我関せずという様子で、黙々と食事を続けていたと言います。

チラチラと気になって見ているのであれば、「どうしたんだ?」と様子を伺いに来てもよかったのではないでしょうか。

トップで国民栄誉賞の肩書まであるにもかかわらず、当事者意識もなく他人事の姿勢にはガッカリしてしまいますよね。




山下泰裕会長は能力の評判が悪すぎ

山下泰裕会長の能力について、世間での評判をまとめました。




まとめ

今回は、山下泰裕会長は卑怯で無能と言われる5つの理由!能力の評判が悪すぎと題して紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

いよいよ東京オリンピックまであと1ヶ月ほどとなりました。

新型コロナの感染も気になるところですが、

JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長が「卑怯だ」「無能だ」と言われ評判が悪いのでは、安心してオリンピックが開催されるのか心配になってしましますね。

ABOUT ME
sarina
はじめまして、sarinaと申します。 この度は数あるブログの中から当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 5歳と2歳の姉妹mama&フルタイムで働く30代主婦です!