バラエティ

ワルイコあつまれ(NHK)の放送内容まとめ!9月20日(月)放送分

『ワルイコあつまれ』(NHK・Eテレ)では、香取慎吾さん・草彅剛さん・稲垣吾郎さんの3人が視聴者と一緒に社会を楽しく学ぶ番組です。

そこで今回は、ワルイコあつまれ(NHK)の放送内容まとめ!9月20日(月)放送分と題してまとめました。

ワルイコあつまれ(NHK)の次回放送日や時間は?見逃し配信についても!9月13日(月)の朝に一切予告なしで『ワルイコあつまれ』(NHK・Eテレ)の放送がスタートしました。 元SMAPで「新しい地図」の...

ワルイコあつまれ(NHK)の放送内容は?

『ワルイコあつまれ』(NHK・Eテレ)の放送内容を紹介します。

▼2021年9月20日(月・祝)19:25~の放送内容はこちら▼

  1. 子ども記者会見
  2. 好きの取調室
  3. おとなのダンス音楽

放送内容①子ども記者会見

稲垣吾郎さんが司会を担当し、カリスマ雑誌編集長・新谷学さんを迎え、子供たちと香取慎吾が子ども記者となり多くの質問をぶつけます。

新谷学さんの経歴

1964年9月1日生まれの現在57歳です。

1989年出版社に入社

2012年雑誌『週刊文春』の座編集長に就任

その後数々のスクープを連発

現在は雑誌『文芸春愁』の編集長、同社の執行役員を務める

 

雑誌編集長・新谷学さんと子ども記者たちとの質疑応答をまとめてみました。

【前半】

Q.編集長とはどんな仕事?

雑誌をつくる一番の責任者。テーマ・取材内容・文章などをまとめて「編集」し雑誌をつくります。

 

Q.編集長と社長はどっちがえらい?

それぞれ役割が違う

社長は経営する人であり、お金を稼ぐ立場の人です。

また、編集長はニュースを送り出す立場の人です。

もし大事な取引先が悪いことをしていた場合に両者の意見が対立すると、ニュースを送り出す側(編集長)の世の中に伝えるべきだというの意見を優先して、経営側(社長)は編集には口を出さないのが良い会社だそうです。

稲垣吾郎さんの「新谷さんが編集長をしていた頃は社長とはどうでしたか?」という質問に、「(社長とは)ビミョーでしたけどね・・・」と苦笑いしながら答えていました。

 

Q.スクープ取材中にバレたら?

そのまま直撃する

昔は紙媒体のみで雑誌の発売日が決まっていたが、今はオンラインの方ですぐに出してしまうそうです。

 

Q.新谷さんの好きな食べ物は?

⇒いちばん好きなのはうめぼし

 

Q.スクープと梅干どっちが好き?

スクープがうめぼしより大好き!一度やったらやめられない面白さがあるそうです。

 

Q.「文春砲」って何?

⇒元々はネットではやり始めた言葉です。

編集長・新谷学さんは「文春砲」という言葉はあまり好きではないそうです。

「偉そうな感じするし、怖い。怖がられるよりも愛されるメディアになりたい」と答えています。

 

Q.「100万円あげるからスクープ載せないで」と言われたらどうする?

100%断ります!500万円でも1億円でも断ります。

お金を稼ぐことが、ニュースを伝えることより大事になってしまうと、伝えるニュースが信用されなくなってしまいます。

「100万円もらってニュースを止めた」いうのはいつの間にかバレてしまいます。

お金だけでなく、力のある政治家からの圧力もありますが、いうことを聞いてしまうと、あっという間に権力に負けて書くべきことを書かないメディアだとみんなに知られて、いくらニュースを出しても信じてもらえなくなります。

ニュースを伝える立場で一番大切なのは、読んでくれる人からの信頼です!

 

Q.スクープのチャンスでトイレが漏れそうになったらどうする?

⇒私は経験ないですが、もしその立場になったら漏らしてもツッコみますね!

 

Q.もしそれが有名な編集長が・・・とニュースになったら?

⇒有名な編集長は、自分が漏らすことよりもニュースを伝えることのほうを大切に考えたっていうことは恥ずかしいことやカッコ悪いこととは思わないです。

【後半】

Q.スクープを他の雑誌に横取りされたら?

抜かれたら抜き返せ! 

倍返しで「絶対負けない!」と逆に燃えます。

 

Q.ボク(香取慎吾)がスクープをゲットしたら採用してもらえる?

⇒ネット上に情報提供を窓口があり、一般の人から1日100件以上の情報が寄せられてきます。

しかし、そのうち実際に記事になるのは1件か2件だそう。

 

Q.政治家や芸能人に怒られる?

⇒いっぱい怒られています。

「親しき仲にもスキャンダル」どんなに仲良くても書くべき時には書きますよという意味だそうです。

 

Q.今の会社に入ってなかったらどんな会社に入りたかった?

⇒大学生の頃は、テレビ局に入ってバラエティ番組が作りたかったです。

テレビ局の最終面接で落ちたので、文芸春愁に入りました。

 

Q.今の会社が世の中でいちばん「役立つ」と考えた?

⇒どんな会社でも自分が役に立ちたいという気持ちを持ち続けることが大事!

と子供たちに伝えたい!

 

Q.紙媒体(新聞・雑誌・本など)はこのまま続く?

紙の雑誌はなくならないと思う、むしろなくしてはいけないと強く思っています。

雑誌にはいろんな情報がつまっているので、全然興味のなかった分野のことも知ることができて、新たな自分の興味が広がったりする。

雑誌はモノとしてかっこいい素敵なものだと思う。

新谷学さんは記者会見を終えての今の気持ちを聞かれると、次のように答えていました。

「想像以上に鋭いツッコミの数々でかなり緊張しましたが、最後は本当に楽しくて、一人一人記者さんたちが真剣なので、ぜひまた機会があれば呼んでいただけたら、いくらでもお答えするし、やっぱりあなたがたにこの国の未来はかかっているので、そのために私もできるだけの協力はさせてもらいたい。楽しかったです。」




放送内容②おとなのダンス音楽

草彅剛さんが2人の子供バックダンサーとともに歌いながらダンスを披露しました。

♪「シリシリダンス」

左から 赤パジャマ 青パジャマ わぉ

尻尻 ぷりぷり さぁ みんな

尻尻 ぷりぷり 笑った

ダメダメダメ 照れないで

ほら みんなで ぷりっ

太陽だってサンサン

すんっ! そっとスカして ぷりっ

尻クンクン嗅いだらクラクラして

ぴゅーんパタパタ それ散れ散れ

キミも知りをどんどん ぷりぷり振って yeah yeah

ぷりぷり振って yeah yeah

世界中のパワー集めて

1・2・3(ワン・ツー・スリー)でぽんっ!

少しかっこ悪くたって ハレルヤぴょん!

もりもりで 発射準備だ

左から 赤パジャマ 青パジャマ 茶パジャマ

Ah Ah 派手なパジャマ ×3

Ah Ah 濡れたパジャマ

Ah Ah ママに感謝だ




放送内容③好きの取調室

腕利きの捜査官・草彅剛さんが京都大学准教授の西村剛(にしむらたけし)さんを取り調べていました。

草彅:PCからワニの写真が多数発見された⇒凶暴なワニを町にはなとうとしたのでは?

西村:ワニは実験で使用しました。

草彅:部屋からヘリウムガス(ヘリウム+酸素)が大量に発見された⇒爆弾を作ろうとしたのでは?

西村:ヘリウムは人体にも動物にも無害で、非常に安全なガスです。

水素のように爆発したりしないので、扱いやすいガスです。

草彅:ワニとヘリウムガスで何をしようとしていたのか?

西村:ワニ(ヨウスコウワニ)にヘリウムガスを吸わせる実験をしました。

草彅:(ヘリウムガスを吸い声が変わって)お前の悪事は絶対暴いてやるからな。

ヘリウムを吸うとなんで声が変わるんだ?

西村:ヘリウムガスは空気よりも軽い気体で、風船の中に入れると風船は浮いていくガスです。

軽いガスを肺に入れて声を出すと変な声になります。

草彅:(ワニの写真を見せながら)どうやってワニにヘリウムを吸わせた?

西村:実験に使ったワニは中国原産のヨウスコウワニで、特に繁殖期になると、オスがうなるとメスがうなり返す習性があります。

草彅:(ワニの動画を見せながら)げっぷみたいな声だな

西村:この動画ですと、オスのうなり声をスピーカーから流して、それに対してメスが鳴き返すということです。

草彅:で、このワニを水槽に入れたんだな?

西村:そうですね。(写真を見ながら)水槽に入れて蓋をして密封します。

水槽の水位を上げていくと上にある空気が外に出て、次に水位を下げていくときにヘリウム+酸素ガスを入れて上に空間を作ってあげます。

息継ぎをしに行くときに上にあるヘリウムを吸ってもらいます。

草彅:本当にワニがヘリウムを吸ったのか?

西村:はい、吸いました。

草彅:何してんだ?声は変わったのか?

西村:はい、バッチリ変わりました。

草彅:どう変わった?教えろ。教えてくれ。そうか。押収したお前のスマホに入ってるんだな。(スマホを西村准教授に手渡す)

西村准教授はスマホに入っている普通のワニの声、ヘリウムガスを吸ったワニの声を再生しました。

草彅:もう一回聞かせてくれ。

再び西村准教授が普通のワニの声、ヘリウムガスを吸ったワニの声を再生しました。

ワニの声が変わってんじゃないかよ。これで何が分かるんだ?この実験の目的はなんだ?吐け。

西村:動物の鳴き声は2つあります。

  1. モノの音=カスタネット
  2. フエの音=リコーダー

カスタネットは木と木がぶつかって木が音を出しています。

リコーダーはリコーダー自体の音ではなく中の空気が共鳴している音です。

私たち人間の声はリコーダーのようなフエの音です。

コオロギはカスタネットと同じで、上と下の羽をすり合わせてモノの音で鳴いています。

2つの声のうち、ヘリウムガスを吸わせることでモノの音フエの音どちらの声を出しているかを調べることができます。

  • サカナ・・・鳴かない
  • カエル・・・ヘリウムガスを吸わせると声が変わらなかったので、モノの音で鳴いています。
  • トリ・・・ヘリウムガスを吸わせると声が変わるので、で鳴いています。

草彅:なるほど!それでワニを実験したのか。

西村:今までワニの実験はなかったので、実験しました。

げっぷのような音声なんですが、私たちを同じような声のつくり方で鳴いていたということがわかりました。

草彅:それはすごいことなのか?

西村:まずは恐竜は声を出して鳴いていることがわかりました。

ワニは恐竜に一番近い原生の爬虫類なんですが、ワニが声で鳴いていたということは、恐竜が私たちと同じ声で鳴いていたということです。

声のシステムは古い起源を持っているということがわかりました。

草彅:果たしてここまでやる必要があったのか。動機が釈然としないなぁ、本当の動機を言え。

西村:ワニは私の友人の研究で、実は私はサルの声を調べるのが専門なんです。

草彅:サルの声だと?本当にサルの研究をしているのか?

西村:いや、してます。

草彅:それじゃあテストするぞ。

(チンパンジー・ニホンザル・テナガザル写真を見せて)このサルはどのように鳴く?

西村准教授はそれぞれのサルの鳴き声やってみせました。

草彅:そんな風に鳴くのか?

西村:小学生のころからやっていて、動物園の檻の前で鳴いたら鳴き返してくれました。

草彅:まさか、サルにもヘリウムガスを吸わせるのか?

西村:テナガザルにもヘリウムガスを吸わせる実験をしました。

草彅:やはり常習犯だな、聞かせてみろ。

西村准教授はスマホに入っている普通のテナガザル、ヘリウムガスを吸ったテナガザルの声を再生しました。

草彅:やはり声が変わっているな。

西村:サルはヒトに一番近い動物です。

サルを研究することで、人間がどうしてしゃべれるようになったかをルーツを探索していきます。

草彅:サルの研究でそんなことが分かるのか。

西村:私たちがしゃべる時に声をコントロールするんですが、ヘリウムガスを吸うとサルの声が変わり、自分の声を若干下げたりして声のコントロールしています。

草彅:そのために今後もヘリウムガスを吸わせるのか?

西村:声が出す動物がいればしたいですね。チンパンジーも吸わせていきたい。

草彅:最後に非常に重要なことを聞く。好きなのか?お前はサルが好きなのか?

西村:いや、たまたま研究者になっただけで・・・

草彅:嘘つけ。小学校の頃からサルの鳴きまねをしているヤツは絶対サルが好きなんだ。

サルが好きなんだろ?好きと言え。好きなんだろ?

西村:まあ、面白いから研究をやっている。

草彅:わかった。あなたがなんて言おうと、あなたはサルを愛している。

西村剛准教授、釈放だー!

西村:ありがとうございます。

草彅:大人になってからも好きなことをやり続けるというのはとても素敵なことだ。

これからも頼んだぞ。

西村:はい。

草彅:教授、最後にもう一度聞かせてくれ。

2人でサルの鳴きまねをしていました。

 

西村准教授は友人と行ったワニの実験でユニークな研究に与えられるイグノーベル賞(音響学)を受賞しています。

所属は京都大学霊長類研究所で、専門はサル類の声の分析です。




まとめ

今回は、ワルイコあつまれ(NHK)の放送内容まとめ!9月20日(月)放送分と題してまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
sarina
はじめまして、sarinaと申します。 この度は数あるブログの中から当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 5歳と2歳の姉妹mama&フルタイムで働く30代主婦です!