人物

【徳島市長】内藤佐和子の評判は?阿波踊り強行でリコール署名運動?

徳島市の内藤佐和子市長が話題になっています!

内藤佐和子徳島市長は、2020年4月に全国最年少女性市長として36歳という若さで初当選しました。

当時は現職を破っての当選で、内藤佐和子徳島市長への期待も大きく、「頑張ってほしい」という声も多くあったようです。

市長となって1年が経ち、【徳島市長】内藤佐和子の評判や徳島県民にとって大事なイベント「阿波踊り」がどうなったのかも気になりますよね!

 

そこで今回は、【徳島市長】内藤佐和子の評判は?阿波踊り強行でリコール?と題して紹介していきたいと思います。

【徳島市長】内藤佐和子の評判は?阿波踊り強行でリコール?

【徳島市長】内藤佐和子さんの評判については、「阿波踊りをやっている場合ではない」「今はコロナ対策に専念すべき」などの厳しい意見があります。

それでは詳しく見ていきましょう!

 

【徳島市長】内藤佐和子さんの評判について調べていくと、「リコール」のワードが出てきます。

いったいどういうことなのでしょうか?

 

内藤佐和子市長が徳島市長選挙の時に掲げていた公約を反故にされたため、リコール(解職請求)署名運動が行われているようです。

現在、リコールに必要な署名を集める受任者が5,000人を超えているそうです。

 

内藤佐和子市長が徳島市長選時に掲げていた7つの公約がこちらです。

  1. 対話のできるまち、徳島
  2. 行財政改革を推進するまち、徳島
  3. 誰一人取り残さない、子育てや福祉を行うまち、徳島
  4. 多様性を推進するまち、徳島
  5. 誰一人取り残さない教育を進めるまち、徳島
  6. 防災意識がどこよりも高いまち、徳島
  7. 地域経済を牽引するまち、徳島

キャッチフレーズ「みんなで一緒に前へ!」

「①対話のできるまち、徳島」の1つとして「阿波踊り」について話されています!

内藤佐和子市長が実行委員長となり、地元の人と一緒になって、地元の人が楽しめるような阿波踊りを復活させたいそうです。

徳島が世界に誇る伝統的な阿波踊りを復活させたいという思いは素敵ですが、このコロナ渦でやる必要があるのかという意見が多く見られます!

2020年は早急に阿波踊りを中止したにもかかわらず、今年は「絶対にやる」と内藤佐和子市長が阿波踊りを強行しようとしているということがリコール署名運動に繋がったのではないでしょうか。




【徳島市長】内藤佐和子の良い評判

徳島市長選挙で当選した際の【徳島市長】内藤佐和子さんの評判がこちらです。

前市長の遠藤彰良氏39,248票、内藤佐和子氏41,247票と僅差ですが、多く票を集めているので、内藤佐和子市長は徳島市民から期待されていることが分かりますね!

内藤佐和子市長は全国最年少女性市長として36歳で市長に当選し、若さや女性視点での発想力に期待したいという市民が多かったのではないでしょうか。

また、内藤佐和子市長には小学生のお子さんがいらっしゃるので、子育て世代の方々の期待も集まっていたと思います。




阿波踊り強行に対する世間の反応

”阿波踊り強行”に対しての世間の反応を見てみましょう!

「阿波踊りは中止すべき!」という意見が圧倒的に多く見られました。

一方で、

少数ですが、「阿波踊りを開催して欲しい」という意見も見られました。

 

阿波踊りは400年を超える歴史を持ち、徳島が世界に誇る伝統芸能です。

1日も早くコロナが収束して、みんなが安心して参加できる阿波踊りを開催してほしいと思います。




まとめ

今回は、【徳島市長】内藤佐和子の評判は?阿波踊り強行でリコール?と題して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

【徳島市長】内藤佐和子さんの評判は、徳島市長当選時は「期待」も多く全国最年少女性市長ということでかなり話題になりました!

現在の評判は厳しい意見が多く、公約を反故したとしてリコール(解職請求)署名運動が行われているようです。

 

今後も内藤佐和子市長について注目が集まりそうですね。

ABOUT ME
sarina
はじめまして、sarinaと申します。 この度は数あるブログの中から当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 5歳と2歳の姉妹mama&フルタイムで働く30代主婦です!