人物

玉置玲央は演技が上手い?プロフィールや出演作品についても!

玉置玲央さんは、連続テレビ小説『おかえりモネ』にテレビ局の少しチャラい記者・沢渡公平役で出演されています。

 

「あれ、この人見たことあるけど誰だっけ?」「どの作品に出ていた人だっけ?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、玉置玲央は演技が上手い?プロフィールや出演作品についても!と題して紹介したいと思います。

 

今回まとめた内容がこちらです。

  • 玉置玲央さんは演技が上手い?
  • 玉置玲央さんのプロフィールは?
  • 玉置玲央さんの出演作品は?

玉置玲央は演技が上手い?

玉置玲央さんはたくさんのドラマに出演し、様々な役柄を演じられています。

そこで、玉置玲央さんは演技が上手いのか見ていきたいと思います

『伝説のお母さん』での演技は上手い?

『伝説のお母さん』で玉置玲央さんが演じたのは、主人公・メイ(前田敦子)の夫・モブ役です。

モブは行き当たりばったりでゲームとごろ寝が大好きです。

子供のうんちのオムツは変えられないというダメ夫で、まったく頼りになりません。

さおりん
さおりん
こんな夫は嫌だな~。

モブのダメ夫さを、多くの人に「こんな旦那嫌だな~」と思わせる玉置玲央さんの演技は上手いなと思います!

『恋する母たち』での演技は上手い?

『恋する母たち』で玉置玲央さんが演じた蒲原繁樹はエリート弁護士です。

妻・蒲原まり(仲里依紗)と3人の子供たちが待つ家には帰って寝るだけです。

そして寝る時はアイマスクと耳栓をします。

家や子供のことは妻に任せっきりで、息子のことを相談しても「子供のことは君が担当だろう」と言う始末です。

繁樹(玉置玲央)は部下と不倫していましたが、妻に不倫がバレて彼女と別れ、そして彼女を蒲原法律事務所から辞めさせます。

弁護士が不倫のスキャンダルとは御法度ではないのでしょうか!

 

SNS等でも「仲里依紗の旦那役クズ過ぎてイライラする」「ムカつく」などと多数書き込まれています。

それだけ旦那繁樹を演じる玉置玲央さんの演技がうまいということなのでしょうね!

『ひきこもり先生』での演技は上手い?

玉置玲央さんは『ひきこもり先生』で依田浩二役を演じました。

主人公・陽平(佐藤二朗)のひきこもり仲間・ヨーダで、陽平を叱咤激励するかけがえのない存在です。

玉置玲央さんの演技が上手いという声が多く見られました。

真面目な役からダメ夫・エリート弁護士・ひきこもりなどいろいろな演技ができてスゴイですね!




玉置玲央のプロフィール

玉置玲央さんのプロフィールを紹介します。

玉置玲央(たまおきれお)

生年月日:1985年3月22日(35歳)

出身地:東京都

身長:171cm

血液型:A型

B/W/H:88/67/89

靴のサイズ:26.5cm

趣味:散歩

特技:運動全般(ばく転、宙返り)、デッサン・イラスト

職業:俳優、演出家(舞台、テレビドラマ)

所属劇団:柿喰う客

所属事務所:ゴーチ・ブラザーズ

俳優になったきっかけは高校進学の時で、3次募集の韓国語・ロシア語・演劇科の3択の結果、演劇科を選択しました。

2003年に私立関東国際高校(演劇科)卒業後は裏方に従事していましたが、だんだん俳優業の比率が高くなってきたので専念することになったそうです。

また在学中から演出についても始めています。

2005年『挿入ジェノサイド』より「柿食う客」に参加しました。

2006年に「柿食う客」の劇団化とともにメンバーとなり、ほぼ全ての公演に出演しています。

2006年公演の柿食う客『他人の不幸』で佐藤佐吉賞 最優秀主演男優賞を受賞しました。

現在も劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍中です。

2007年には演劇ユニット「カスガイ」を立ち上げ、全ての公演で原案・演出を担当しています。

カスガイ」では舞台美術も担当し、2009年公演の『リビング』では佐藤佐吉賞 最優秀宣伝美術賞を受賞しています。

『リビング』では優秀作品賞、優秀演出賞も受賞しています。

役者としても裏方としても素晴らしい方ですね!

2018年公開の初出演映画『教誨師』では自己中心的な死刑囚・高宮真司を好演し、

第73回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞されています!

 




玉置玲央の出演作品(舞台)

玉置玲央さんの出演作品(舞台)について紹介します。

2005年

  • 柿食う客『挿入ジェノサイド』

2006年

  • 柿食う客『他人の不幸』王子小劇場

2008年

  • 時間堂『三人姉妹』王子小劇場
  • 柿食う客企画公演 七味まゆ味 一人芝居『いまさらベッドシーン』
  • 玉置玲央 一人芝居『いまさらキスシーン』王子小劇場/インディペンデントシアター2nd

2009年

  • 箱庭円舞曲『メガネに騙された』OFFOFFシアター
  • 柿食う客『恋人としては無理』福岡・大阪公演のみ参加
  • カスガイ 1st connect『リビング』王子小劇場 原案・演出・出演(不動産仲介業者 役)
  • 劇団競泳水着『NOT BAD HOLYDAY』シアターグリーンBASEシアター
  • カニクラ『73&88』アトリエヘリコプター
  • 柿食う客『悪趣味』シアタートラム
  • ホチキス『いらない里』吉祥寺シアター
  • 柿食う客×三重県文化会館 スポーツ演劇『すこやか息子』王子小劇場 ほか

2010年

  • 柿食う客『宴会芸レーベル』御堂会館
  • monophonic orchestra『センチメンタリ』STスポット
  • 柿食う客『The Heavy User』仙行寺(東京)ほか海外公演
  • 箱庭円舞曲『とりあえず寝る女』駅前劇場
  • 柿食う客『八百長デスマッチ』タイニイアリス ほか
  • ジェットラグプロデュース『幸せを踏みにじる幸せ』タイニイアリス
  • 柿食う客『Wannabe』アトリエ春風舎 ほか
  • mitsudomoe リーディング公演『あなたに似た人』
  • コマツ企画『よわいもんいじめ』
  • 『ROSE+』reset-N 下北沢ザ・スズナリ

2011年

  • 柿食う客『愉快犯』東京芸術劇場小ホール2 ほか
  • シーラカンスプロデュース『戯伝写楽ーその男、十郎兵衛ー』吉祥寺シアター
  • 箱庭円舞曲 第十六楽章『珍しい凡人』駅前劇場
  • リーディング公演『100万回生きたねこ』水天宮ピット 大スタジオ
  • 一心寺シアター倶楽プロデュース『飛龍伝』(山崎一平 役)
  • 玉置玲央 一人芝居『いまさらキスシーン』大阪 インディペンデントシアター2ndほか
  • 石井光三オフィスプロデュース『オーデュボンの祈り』
  • 柿食う客『検察官』日韓演劇交流プロジェクト2011

2012年

  • シーラカンスプロデュース Vol.1『戯伝写楽ーその男、十郎兵衛ー』全労済ホールスペース・ゼロ
  • 『ロミオ&ジュリエット』(赤坂ACTシアター/大阪)
  • パルコ・プロデュース『露出狂』パルコ劇場
  • 『INDEPENDENT:FUK』招聘『いまさらキスシーン』博多ぽんプラザホール
  • monophonic orchestra『富裕』新宿眼科画廊スペース0
  • 東京芸術劇場リニューアル記念 東京福袋 一人芝居『いまさらキスシーン』東京芸術劇場シアターウェスト
  • 柿食う客『無差別』東京芸術劇場シアターイースト ほか 族谷狗吉(ヤカラヤイヌキチ)役
  • 『こどもの一生』パルコ劇場 ほか

2013年

  • GORCH BROTHERS PRESENTS『飛龍伝』本多劇場 主演・山崎一平 役(黒木華とW主演)
  • 箱庭円舞曲 番外公演 focus#3『円』こまばアゴラ劇場
  • カスガイ 2nd connect『BITE(バイト)』東京 テアトルBOBON/大阪 インディペンデントシアター2nd 原案・演出・出演(井上良雄 役)
  • 『真田十勇士』赤坂ACTシアター ほか(穴山小介 役)
  • CATプロデュース『SEMINAR/セミナー』紀伊國屋ホール ほか(マーチン役)

2014年

  • 柿喰う客『世迷言』本多劇場 ほか
  • T Factory『荒野のリア』吉祥寺シアター(エドガー 役)
  • 青山円劇カウンシル『赤鬼』青山円形劇場(ミズカネ 役)
  • KONAMI@network『朝日のような夕日をつれて2014』紀伊國屋ホール ほか(少年 役)
  • 柿食う客×パルテノン多摩『たまらんファウスト』パルテノン多摩 水上ステージ
  • ベッド&メイキングス『サナギネ』青山円形劇場(ハリー/エンジョウジ 役)

2015年

  • 『真田十勇士』赤坂ACTシアター ほか(穴山小介 役)
  • こまつ座第109回公演『戯作者銘々伝』紀伊國屋サザンシアター ほか(幸吉 役)
  • 柿喰う客『天邪鬼』本多劇場 ほか(あまの・じゅんや 役)
  • 演劇計画Ⅱー戯曲創作ー『また愛か』京都芸術センター(虹村良郎 役)
  • 残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』AiiA 2.5 Theater Tokyo(タミヤ 役)

2016年

  • 『夢の劇ードリーム・プレイー』KAAT神奈川芸術劇場 ほか(若年の士官、彼 役)
  • 柿食う客フェスティバル『いまさらキスシーン』『フランダースの負け犬』王子小劇場(三御堂島ひより、クルック 役)
  • 『イヌの日』ザ・スズナリ(広瀬幸司 役)
  • 『季節が僕たちを連れ去ったあとに』六行会ホール(山田太一 役)
  • 柿喰う客『虚仮威』本多劇場 ほか(一太郎 役)

2017年

  • 『K.テンペスト2017』まつもと市民芸術館 ほか(アントーニオ 役)
  • モノモース『エンドルフィン』こまばアゴラ劇場 ほか(少年 役 他)
  • 演劇集団キャラメルボックス サマープレミア『スロウハイツの神様』サンシャイン劇場(狩野壮太 役)
  • せんだい卸町アートマルシェ『いまさらキスシーン』せんだい演劇工房10-BOX(三御堂島ひより 役)

2018年

  • RooTS Vol.5『秘密の花園』東京芸術劇場 シアターイースト(かじか 役)
  • 杜の都の演劇祭2017コラボレーションプログラム『臥竜の天』仙台勝山館 日本料理 醇泉(伊達政宗 役)
  • CAT PRODUCE『テイク・ミー・アウト2018』DDD青山クロスシアター(メイソン・マーゼック 役)
  • 新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン『夢の裂け目』新国立劇場 小劇場(三郎 役)
  • Kawai Project vol.5『お気に召すまま』シアタートラム 他(オーランドー 役)
  • せんだい卸町アートマルシェ2018『いまさらキスシーン』せんだい演劇工房10-BOX(三御堂島ひより 役)
  • なんごう小さな芸術祭『くじらむら』八戸市南郷文化ホール(サブロウ 役)
  • 舞台『鉄コン筋クリート』天王洲 銀河劇場(沢田四郎 役)

2019年

  • J-WAVE30周年×ゴジゲン10周年企画公演『みみばしる』本多劇場 ほか(ダッシュ小池 役)
  • キャラメルボックス2019 スプリングツアー『スロウハイツの神様』サンシャイン劇場 ほか(狩野壮太 役)
  • 柿喰う客『御披楽喜』本多劇場 ほか(鹿伏太郎 役)
  • 『相対的浮世絵』本多劇場 ほか(遠山大介 役)

2020年

  • 彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾『ジョン王』彩の国さいたま芸術劇場 大ホール ほか(コンスタンス 役)
  • PARCO劇場オープニング・シリーズ『ゲルニカ』PARCO劇場 他(人民戦線軍)

劇団以外にも数多くの作品に出演し、最近では映像にも活躍の場を広げています。

玉置玲央さんは優れた身体能力とよく響き渡る美声を持つ、今最も注目される俳優さんの1人です。




玉置玲央の出演作品(ドラマ)

玉置玲央さんの出演作品(ドラマ)について紹介します。

2007年

  • 『オトコの子育て』第4話 (ABCテレビ・テレビ朝日系)

2012年

  • 連続ドラマW『ヒトリシズカ』第2話(WOWOW)加賀誠 役

2013年

  • 『救命病棟24時』第1・2話(フジテレビ)坂本篤 役

2014年

  • 『足尾から来た女』前編(NHK総合)大杉栄 役
  • 連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)田中 役
  • 『HERO』最終話(フジテレビ)滝翔太 役
  • 連続ドラマW『グーグーだって猫である』第2話(WOWOW)

2015年

  • ドラマスペシャル『遺留捜査』(テレビ朝日)
  • 『探偵の探偵』第1・2・4話(フジテレビ)
  • 『美女と男子』第18話・最終話(NHK総合)ケンタロー 役

2016年

  • 大河ドラマ『真田丸』第2・4・5話(NHK)織田信忠 役
  • 『コピーフェイス~消された私~』(NHK総合)朝倉洋人 役

2017年

  • 『立花登青春手控え2』第3話(NHK BSプレミアム)芳蔵 役
  • 『相棒 Season16』第3話(テレビ朝日)牧野準 役

2018年

  • 『都庁爆破!』(TBS)畑中 役
  • 『モブサイコ100』第2話(テレビ東京)井上 役
  • 『遺留捜査』第5シリーズ 第8話(テレビ朝日)松野雄司 役
  • 『平成ばしる』(テレビ朝日)浜口 役

2019年

  • 『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』第5話~最終話(NHK総合)防護服の男 役
  • 『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)ホンダ 役
  • 『サギデカ』第1~4話(NHK総合)店長・佐藤を名乗る男(内海大樹)役

2020年

  • 『半沢直樹Ⅱ・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~』(TBS)来栖誠也 役
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第5・6話(NHK)伊平次 役
  • 『伝説のお母さん』(NHK総合)モブ 役
  • 『恋する母たち』(TBS)蒲原繁樹 役

2021年

  • 『シェフは名探偵』(テレビ東京)鶴岡正 役
  • 『ひきこもり先生』(NHK総合)依田浩二 役
  • 連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)沢渡公平 役

「俺の居場所は舞台だ!」とおっしゃっていたという玉置玲央さんですが、2014年頃からテレビドラマへの出演も増えてきています。

数多くの舞台経験で培われた演技力に注目が集まっているようですね!

 

Paraviで配信中の『恋する母たち』のスピンオフドラマ『恋する男たち』にも蒲原繁樹役で出演しています。




玉置玲央の出演作品(CM・PV等)

玉置玲央さんの出演作品(CM・PV等)について紹介します。

【CM】ナレーション

2011年「セキスイハイム東北株式会社 宮城支社」

2012年 SONYデジタルビデオカメラ“ハンディカム” SR7/SR8「運動会+子ども篇」

2013年 SONYデジタルビデオカメラ“ハンディカム”「ブレないズーム篇」

【PV】

2012年 OKAMOTO’S「マジメになったら涙が出るぜ」

CMのナレーションやOKAMOTO’SのPVに出ていたとは知りませんでした。

舞台で培われた美声で素敵なナレーションだったのでしょうね!




まとめ

今回は、玉置玲央は演技が上手い?プロフィールや出演作品についても!と題して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 数多くの舞台経験で培われた確かな演技力美声
  • 脚本・演出の仕事で磨かれた鋭い洞察力

ますますドラマや映画にも引っ張りだこ間違いなしの俳優さんですね!

 

『おかえりモネ』で社会部記者・沢渡公平役を演じる玉置玲央さんの演技が楽しみですね♪

ABOUT ME
sarina
はじめまして、sarinaと申します。 この度は数あるブログの中から当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 5歳と2歳の姉妹mama&フルタイムで働く30代主婦です!